ケータイ小説 野いちご

「悪」が似合わない君と。

夜の校舎と思い出話





「家まで送らなくていいの?」



神崎さんが学校の前で車を止めて言った



「はい、体操着を忘れたので取りに行ってそのまま帰ります。ここからなら近いですし、神崎さんは早く帰って休んでください!」


「うーん、まあハナちゃんがそう言うなら…」



神崎さんは優しい。



「お疲れ様」



「お疲れ様でした」



去って行く神崎carを見送り学校へと入る




現在7:45


やっと仕事が終わった!!



んー


くらいな…




こ、怖くなんてないけど…


いつもは神崎さんが家まで送ってくれる


でも今日は忘れ物を取りにきた


…別に、暗いとことか…平気だし


いつも家暗いし…


慣れてるし…


こ、怖し…





< 118/ 226 >