ケータイ小説 野いちご

身代わり結婚だけど、愛されています

夜空の下で


 高校生のときの夢を見た。

 裕ちゃんと羅良が付き合いはじめたのをきっかけに、両家がふたりを婚約させた頃の夢だ。

 羅良は、あの頃から私が裕ちゃんを好いていたことを、私自身より先に認識していたのだろう。

 今、こんな風に裕ちゃんを裏切るくらいなら、どうして最初から彼と付き合ったりしたのか。

 彼が羅良のものになってから、私はますます走る以外のことを視界から押し出すようになった。

 裕ちゃんを好きだったと、認めたくなかった。

 陸上に打ち込むことで、他のことを忘れようとして、そしてそれは見事に成功していたはずだったのに。

「どうして今さらそんなこと言うのよ……」

 羅良の言葉がカギとなって、心の封印を解かれてしまったようだ。

 私は露骨に裕ちゃんのことを意識してしまう。

 ごそごそと手を伸ばし、枕元のスマホをつかむ。

 時間を見ると、アラームが鳴る直前だった。少し損したような気分で、まぶたをこすると。

「うっ、は……!」

 裕ちゃんの寝顔が、目の前に落ちていた。

 そりゃあそうだ。毎日添い寝しているんだもの。

 いつもはアラームと同時に一緒に起きてしまうことが多いから、寝顔を見たのは初めて。

 目を閉じていると、まつ毛の長さが際立つ。まるで少年のような寝顔に、胸の奥をわしづかみにされる。

 か、可愛いがすぎる……!



< 93/ 210 >