ケータイ小説 野いちご

ネットから始まる恋

バカこうと言われる高校に通っている螢は高校3年生になってから高校を休みがちになっていた。その時、螢はスマホを、よく見るようになった。その時流行っていたのがツイキャスというコミュニケーションアプリだった。螢は色んな人の見ていた。そこでたまたま出会ったのが彰だった。そこで螢はTwitterをフォローし、DMで『暇なんで話に来ましたー』って送りそこから話が始まり、彰からLINE交換求めてきた。


彰『LINEしよ』
螢『いいよ!!!』
彰『螢ちゃん可愛い』
螢『お世辞ありがとう笑』


とかいうやり取りを繰り返してた笑





< 1/ 6 >