ケータイ小説 野いちご

組長が惚れた女

4章 自己紹介

暁「これでお前はこいつらに認められたな笑それじゃあこいつらの自己紹介と行こうか笑こいつらのこと知らなかったら守られても誰かわかんねぇ〜からな」

美「はい!」

潤「それじゃあ、まず、九条組から!
俺は春先 潤暁の右腕!よろしくな笑」

少しだけしか話してないのに潤さんいつも明るい人だな笑

美「よろしくお願いします笑」

暁「チッ」

潤「(ニヤ)嫉妬すんなよ〜笑」

暁「黙れ、次だ」

新「俺は松葉 新 暁の左腕だよろしく」

この人クールだ

美「なんて呼んだらいいですか?」

新「なんでもいい」

なら、この人に慣れるためにはまず名前だね!ん〜……決めた!

美「くーさんって呼んでもいいですか!」

新「は?」

美「新さんクールだからそれに仲良くなるなら楽しい名前の方がいいでしょ!笑」

新「……俺の名前にくーなんか1文字も入ってないよな?な?」

美「はい!入ってません!」

新「暁、こいつやばいぞ……」

暁「……く……クックック、美花その名前ナイスだ笑」

美「暁さんがいいって事は新さんもいいってことですね!」

新「は、そういう意味「次俺な」チッ」

獠「俺は牙羽 獠黒崎学園の保健医だお前に何かあったらすみずみまで手当するからな笑」

この人……変態だ!!「ぷッ」?今笑い……まあ、いいか、……どうしよう……変態しか浮かばない……

獠「お前俺の事変態って思ったろ」

美「え?!そ、そんなこと」

獠「そうか〜笑なら、俺の名前何にしたか言ってくれないか。」

美「……たい」

獠「なんて?」

美「変態!」

獠「……やべ〜潤俺人の心読めるようになったらしい!」

潤「いや、俺もあいつの考え直ぐにわかったから」

獠「……ゴホン変態以外ならいいぜ」

むちゃな〜ん〜あ!

美「獠ちん!」

獠「却下!!!」

美「え?な、なんで?くーさんよりまともだよ?」

獠「全然まともじゃねぇ〜よ!まだ新の方がいいじゃねえか!」

新「クールで良かった。」

組「く。ぷッ……あはは笑はははは笑」

?「暁すげ〜女と付き合ったな笑笑」

?「この組賑やかになるじゃねぇ〜笑笑」

?『確かに笑笑笑笑』

?「しかも、獠の名前けっさくだわ!笑それで決まりだ!笑笑」

獠「決まりじゃねぇ〜んだよ!恥ずかしじゃねえ〜か!」

美「は?どこが?いいと思うよ!可愛いし!」

獠「俺めっちゃ恥ずかし……もう、それでいいから早く次に行け/////」

美「?分かりました!」

?「どんまい笑笑」

獠「お前も同じ名前付けられればいいのに……」

明「それじゃあ次俺言うは笑 俺は古賀 明黒崎学園の理事長だよろしくな笑あ、ちなみに普通の名前でよろしくな〜笑」

獠「明その子が決めるんだお前が決めるなよ!」

明「そんなんどうでもいいんだよ〜獠、ち、ん笑笑」

獠「恥ずかしい名前付けられればいいのに…」

んん〜明るい人だな〜でも獠ちんと仲いいってことは……決めた!

美「あきるんって呼びますね」

明「……暁考え直せ、あいつはバカだ!」

獠「笑笑お前も俺と変わんね〜な笑笑」

明「うるせ〜」

美「それじゃあき「まりなわけあるか」」

明「今の名前却下」

美「やだ」

明「直せ」

美「やだ」

明「なんでだよ!」

美「あきるんでピッタリだから!」

明「お前頭大丈夫か?」

美「正常です!」

< 20/ 31 >