ケータイ小説 野いちご

組長が惚れた女

3章 組長の女意味


あれから、そのまま暁さんの家にむかった。

潤「二人ともそのイチャイチャ2人っきりの時にしてくれない?笑」

暁「なんでだ」

潤「いや、見てるこっちはめっちゃくちゃいずらいんだけど笑」

暁「それなら、お前も俺みたいに、最高の女を探すんだな!笑」

潤の心の声『こいつ……一変ぶちのめして~』

美「潤さんは好きな人居ないんですか?」

潤「んん~俺さ~恋が何なのかよくわかんないんだよね~よくときめくとか胸がドキドキとかそんなの味わったことないから笑」

美「潤さん……恋、したことないんですか?」

潤「……ノーコメント笑」

暁「こいつは今まで誰とも付き合ったことなんかねぇ~よ笑」

潤「てめ!」

暁「前見ろー」

潤「ついたら覚えてろよ!美花!暁の恥ずかしい写真後で見せてやるよ!笑」

暁「おい!」

美「見たいです!笑ぜひ」

暁「絶対に見せない」

美「暁さん……お願いします……ね?笑」

暁「?!……潤……ちょっとだけ、こいつに見せろ……」

潤「いや、弱!笑」

暁「チッ……/////」

美「ありがとう!笑暁さん」

潤「このフォルダー見て、あとは見ないでね笑」

美「あ、はい笑」

暁「……」

美「……わぁ~笑これ暁さんですよね!笑高校生時代ですか?笑」

暁「ああ、横のやつは獠」

美「獠さんめちゃくちゃ変わってますね今と昔笑」

暁「まあ、医者の道進んだからな、それなりにきっちりしねぇ〜とな」

美「そうなんですね笑……この人は誰ですか?」

暁「ああ~黒崎学園の理事長 明だ」

美「へぇ~この人は?理事長さんと一緒に映ってる人」

暁「颯だ俺と同盟を組んでる組長だ」

美「2人とも仲良しですね!笑」

暁「こいつら幼なじみなんだよ笑……てかこいつら全く変わってねぇ~じゃん笑」

……笑暁さんいつの間にか嫌がってたのに楽しそうに見てる笑良かった笑

美「あれ?これ動画だ笑」

暁「動画なんか撮ってたのか?」

潤「ん~あ~……いや!待て!それみ「お~い水遊びしようぜ~笑」」

美、暁「え?」

潤「……」

美「水遊びですか?」

潤「……」

潤『なあなあ~やろうぜ~笑』

暁『お前1人でやれや』

潤『なら、一人でする!』

暁「あ、思い出した笑」

潤「なら、見るな!もっと恥ずかしい!」

美「見ます笑」

潤『ふう~こんなもんだろ!笑俺完璧!』

美「子供用のプール……しかもめっちゃキザ笑笑」

暁「ここからが面白い笑笑」

潤『んん~俺少し太ったか?……お!水が鏡になってくれてる笑ん~もっと筋肉付けるか……ふ!ふん!ふ〜ん』

美「……じ……潤さん笑一人で……決め……ポーズぷっあはは笑笑」

暁『……お前……何やってんだ……笑』

潤『暁!……/////……み、見たのか……』

暁『ブッ……はははは笑笑』

潤『わ、笑うなよ!』

暁『てか、ビデオ撮りながら決めポーズ、やるなお前笑笑』

潤『まじか?!』

暁『お前もこんな1面あったんだな笑笑』

潤『うっせ~』

ピッここで動画が終わっていた。

潤「俺今恥ずかしい……」

美「大丈夫ですよ!誰にも言いません!」

潤「それより、思い出さないでくれ/////」

美「頑張ります笑」

< 18/ 31 >