ケータイ小説 野いちご

[短]デレあま彼は危険がいっぱい

初めてよりも甘く

何度も何度も数えきれない位、怜くんの腕の中にいるのに、毎回初めてみたいにドキドキする。

そういえば、初めて怜くんに求められた日、恥ずかしくて甘くて自分を見失いそうになった。

怜くんはどうして私だったんだろう。

初彼も初キスも、その先も全部怜くんが初めてで、とにかく夢中だった。

だから、こんな風に考える余裕もなくて、怜くんについていくのに必死で、、、

私から怜くんに何かしてあげたこと、あったかな?

いつも怜くんからで、誕生日以外でサプライズなんてしたこともない。

記念日は毎年、、、じゃないか、毎月いつも何かしら怜くんがしてくれる。

甘えすぎてそのうち飽きた、なんて言われたらどうしよう。

「怜くん、今度の記念日なんだけど、、、」

「ん?大丈夫。もう準備してるよ。」

「たまには私がしちゃダメ?」

「、、、ダメ。そんなことされたら可愛すぎて死んじゃう。」



< 11/ 20 >