ケータイ小説 野いちご

[短]デレあま彼は危険がいっぱい

紹介します

はじめまして、崎元 璃々です。

えーっと、まず始めに私の彼氏の話を少し、みなさんに教えますね。

出会ったのは高校生のとき、一つ下の彼は入学早々その容姿から一躍人気者に。

ひと言でいえば、アイドル並み。

色白で、色素の薄い大きな目、小さくて可愛い唇、ふわふわした天使みたいな笑顔。

そんな彼がどう私と関わりを持ったかと言うと、たまたま部活が同じで、たまたま委員会も同じで、たまたま通学路も同じで、、、


え?

これってすごくない?

って話から何故か付き合うことに。

あれからもう4年。

社会人になっても彼の溺愛加減は半端ないです。

私、こんな愛されて大丈夫かな?

だからかな、時折垣間見る変態っぽい言動が気にならないのは、、、。

そして今日も朝からパワー全開です。


< 1/ 20 >