ケータイ小説 野いちご

冬 -Domestic Violence-

第7章



第7章







「あ~寒い寒い・・・。」


今日一日の聞き込みを終え、

宿泊先のビジネスホテルへ帰ってきたと同時に独り言が漏れる。


トランシーバーとポケットカメラを外す代わりに、ノートPCを立ち上げて電話会議システムを開いた。



「戻りました。」


『お疲れ様です。』


「とりあえず事件関係者には一通り聞き込めたんで、

俺も明日から中野捜索に加わりますよ?」


『・・・・・・・・・・・・・。』


「どうしました?」


『成田捜査官が地道に作業を続けてくれて、

無事に上原シオリさんの日記が全て私の元に送られてきました。

彼には感謝が尽きません。』


「・・・どうだったシオリのプロファイリングは?」



密かにつけていた日記帳ほどその人の本質が出て、

そしてプロファイラーでもある安楽椅子さんにとって、これ程の材料は無い。


これで・・彼女の人間性はヒデさんに丸裸にされただろうな。



< 96/ 176 >