ケータイ小説 野いちご

冬 -Domestic Violence-

第2章



第2章


わざとよける 不意にぶつかる



被害者 上原シオリ
********************************************


クルミの結婚式・披露宴を終えた夜、
二次会会場になっていたBar。


「オロロロロ。」

「・・サヤカ大丈夫?」


20分経っても帰ってこないサヤカを心配してトイレへ向かうと、

鍵が掛かった個室から予想通りの音が聞こえてきた。


「シャンパン飲みすぎだよサヤカ。」


「ごめん・・余興が成功して調子乗りすぎた・・。」


「お水貰ってくるからちょっと待ってて。」


「・・ありが・・オロロロロ。」





再び響いたサヤカのリバースを聞きながら、

少し早歩きでトイレから出て、
Barのカウンターまで急・・


「ねぇ君!さっきの余興で“水色”やってた子でしょ!?」


「・・・・・・・・。」


そんなに広くない通路、私の前を塞ぐように急に横から男の人が現れた。


< 18/ 176 >