ケータイ小説 野いちご

冬 -Domestic Violence-

第9章



第9章






捜査6課 神野シン
********************************************


事情を飲み込んだ成田が大人しくなったところで、

キッチンに行った小泉がコーヒーを煎れてくれた。


・・・・・・淹れてくれたけど・・


「・・・・ぬるくない?」


「私、猫舌なので。」


ホットとアイスの中間ぐらいのコーヒーを一口飲んだところで、対面に座った小泉と目が合う。


「いつ中野を見つけたんだ?」


「成田と二手に分かれて捜索を始めた・・その初日です。」


「・・・それで?」


「私も成田と一緒で、
中野君がDV加害者だと思ってましたから。

すぐに署へ引っ張ろうとしたけど・・。」


「そこであんたもDVの真実を知ったのか?」


「それだけじゃなくて・・

“仕事を終えて部屋に帰ってきた時には、
もう彼女は死んでいた”・・と。」


「・・・そうか・・。」





< 138/ 176 >