ケータイ小説 野いちご

私の学校の生徒会、実は魔術師の集まりだったそうです

始まりの生徒会
魔法協会

「んー、いつ来ても綺麗なとこ」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

「あれ、どうしたの芽衣ちゃん」

「いえ、なんでもありません」

「そう?初めて来たから緊張しちゃってる?」

「まあ、そんなとこです」

「まあ主な申請は私がやるから、芽衣ちゃんは碧と一緒にいてねー」

「え、俺?」

「あったりまえでしょ。碧は申請したことないんだし」

「ま、そーですけど」

魔法協会

その建物が今私の目の前にある

憂鬱すぎる

まさかこんなことになるとは

「まだ入って三日ですよね」

「そーね。早い方がいいし」

生徒会に入ったのがつい三日ほど前

そして今、魔法協会への加入申請に来ている

何故こんなにも早い。作業がなぜ早い

にしても、またここに所属することになるとは思ってもなかった

私の敵、みたいなものだし

「ささっ、行こ」

琴葉先輩はキラキラとした目で、建物を見上げている

一方大郷くんは、そんな琴葉先輩を半ば呆れたように笑いながら見ていた

・・・・・・私が魔術師ということは、今のところバレていない

しかしこの容姿でバレてはひとたまりもない

この前も名前、呼ばれたし

割とまずいかも

「あの、私建物の外で待ってていいですか」

「外にいるのはちょっと厳しいかな。魔力を測ったりするし。まあその時には呼ぶから碧といてくれると助かるかな」

・・・・・・だいぶまずい

魔力を測られたらまずい

魔術の耐性を測られてもまずい

どれもこれも魔導師級

表情には出さないが、かなり慌てている

父に言えばなんとかなるかもしれないが、頼りたくない

どうする、私

< 31/ 49 >