ケータイ小説 野いちご

私の学校の生徒会、実は魔術師の集まりだったそうです

始まりの生徒会
一人暮らし

「ただいま」

返事の帰ってこないただいまを、家に告げた

私の声に反応する人はいない

今は一人暮らしだもの

「はぁ・・・・・・」

私が住んでいるマンションは、学校から徒歩20分ほどのところにある

一言で言えば・・・・・・高級マンション

なぜそんな場所に私がひとりで住んでいるのかというと、父がいるから

母はあの日、私を庇ったせいで亡くなった

父とはあまり会ったことがない。あるとしても、魔法協会の中で、階級の上の存在として

父と娘として触れ合ったことは無いに等しい

その父が、父らしくしてくれることといえば、この家に住み、仕送りをしてくれる程度

母がいた時は、幸せだった

母がいなくなってから、父は前以上に冷淡になってしまった

元々も冷たかったのに、さらに酷くなった

もう、どうでもいいけれど

「メール、来てる」

玄関の廊下にバッグを置いて、スマホを見れば、メールアプリの通知がきている

父からだ

なぜ、来なかったのかと

・・・・・・言うべき、なのか

まず、父が知っているのかも定かではない

仕方ない

化物がいたから掃滅していたと言えばわかってくれるか

謝罪の文章と理由を無表情で打ち込み、送信する

父とのやり取りは疲れる

・・・・・・ご飯、作らなきゃ

私は靴を脱いで、バッグを拾い上げて自分の部屋に向かう

こんなところに一人暮らしなんて、贅沢だ

友達を10人呼んで泊まらせても余裕で入るレベル

呼ぶ友達もいないけれど

< 12/ 49 >