ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

だいさんかくけい

大三角形


ーーーーー


最近、琉唯くんと唯吹くんに違和感を感じる。


多分琉唯くんは、記憶喪失になった唯吹くんの事を心配して、暗くなってしまったのだろう。


唯吹くんに元気がないのは、当たり前だ。
誰だって記憶を失くしてしまったら、不安で、思い出すことも困難だろう。



そんな二人に何も出来ない自分が嫌いで、でも、何か出来るか考えても、考えても、



、、、、出てこない。




あの日以来、部屋にこもりがちになった。




ーーーーー



「おじゃましまーす」



ある日、琉唯くんと唯吹くんが部屋に遊びに来てくれた。



自分達の方が大変なのに、私を励ましに来てくれるなんて、二人ともお人好しが過ぎる。



でも、二人が元気そうになって良かった。




また、二人と前みたいに仲良くなれると思った。
心から嬉しかった。





、、、、嬉しかったから辛かった。



< 7/ 10 >