ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

だいさんかくけい

記憶喪失?


ーーーーー

引っ越して初めての夏が来た。
この町、アパートの生活、学校生活にも慣れてきた。


私の大学は8月2日から夏休みに入った。



日焼けをしたくないから、と部屋に引きこもっていると、インターホンが鳴った。


「はーい」

と言ってドアを開けると目の前に琉唯くんがいた。


「夏と言ったらなんだ?」


急な質問に戸惑う。


「、、夏祭り?とか?」


疑問形で答えると、


「正解!ということで17時に駅集合な!」


「えっ。わ、わかった!」




予定も聞かないで誘うところ琉唯くんらしいな。


、、行けるけど。



ーーーーー



「紅菓ー!こっち!」


声が聞こえた方に振り向くと琉唯くんと唯吹くんが立っていた。


「唯吹くんも来てたんだ!」


唯吹くんは少し照れて、


「紅菓が行くって聞いたから」


と、優しく微笑んだ。





< 4/ 10 >