ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

宇宙ぐらいのスケールで書く小さな出来事


どこの家にでもわりと出るG


冬だった。

電気をつける。

敵がいる。

その瞬間、暖房がついているのにも関わらず
、場の空気が冷たく張りつめた。

時間が止まったかのように感じた。

ふと、我にかえった私はうるさいほど鳴り響
く心臓に喝を入れ落ち着きを取り戻す。

お互いがお互いを見つめているような気にな
った。

迷った挙げ句大急ぎで階段をかけ下り、私は
リビングの隅に置いてある殺虫スプレーをつ
かんだ。


< 5/ 5 >