ケータイ小説 野いちご

幕末パラレル物語

表と裏と、
玉響






『人を斬るのってどんな気持ちなの?』


幼い少女の問いに、笠を深くかぶった男は驚いたように振り返る。


その頬には返り血がついていた。


右肩を押さえ尻餅をついていた男は、その隙に一目散に逃げ出す。


『ねぇ、どんな気持ちなの?』


初めて血を見た少女の目には、怯えも嫌悪もなかった。


笠の男は、とっさに言葉がでない。


と、猫っ毛の男がこちらに走ってきた。


『無事か。…どうした?』


< 78/ 106 >