ケータイ小説 野いちご

幕末パラレル物語

謎は迷宮へ迷い込む

土方side


「はぁ?」


自分でもわかるほど、素っ頓狂な声をあげた。


まさか局長の部屋に俺がいると思っていなかったのだろう、隊士がヒッと障子の影に隠れるようにすくみあがった。


情けねぇなおい。


「とりあえず呼んできてくれるか?」


「おい、近藤さ…」


「わかりました!」


俺の声を大きな声で遮り、隊士はホッとしたように去っていった。


近藤さんを睨むが…こっちを見てすらいない。


< 2/ 106 >