ケータイ小説 野いちご

お姫様は眠り姫(メチャ短い)

第3章
それから






愛琉side





あの事件から3年がたった。






俺は今大学一年生だ。






裕翔「愛琉、早くしろ」




愛琉「はいはい。」




今日は愛のお見舞いに行く





あの日愛が飛び降りて




大きな事故となった。





愛は一命を取り留め今は植物状態だ






< 9/ 13 >