ケータイ小説 野いちご

星屑のシンフォニア

流星ファンタジア






代わり映えないはずの世界に、変化が一つ。
緑だらけの世界に突然現れた流星は、私が煩わしく恐ろしく思う全てを、独り占めした。


──meteor*fantasìa





< 8/ 34 >