ケータイ小説 野いちご

飛鳥くんはクールなんかじゃない

飛鳥くんとの当たり前




学校がある日の私の朝は、だいたいは自分で起きて、だいたいは1人で通学してる。


けど、主に年3回。そのサイクルがうまくいかないときがあって。




「花帆。かーほ」

「……んん」


いまは、ちょうどそのとき。どうも眠くて眠くて、全く起きる気になれないのだ。




「花帆。ほら起きろ。遅刻するぞ」


ぼやけた視界の先に、触ったら柔らかそうな黒髪が見えた。



「……ん、おはよ」

「っ、こら。寝ぼけんなって」


どうしてもそれを触りたくて、撫でたくて。眠いながらに自分の手を伸ばしてその髪を撫でる。


それだけなのに何故だか無性に心が安らいで、幸せな気持ちになった。




< 35/ 271 >