ケータイ小説 野いちご

飛鳥くんはクールなんかじゃない

飛鳥くんに反抗期



(* 飛鳥 side **)



「はい、これ」

「……なに」


バイトが始まる少し前。


スタッフルームで着替える俺に、一成が何かを握りしめた手を突きつけてきた。



「昨日のお釣り。多くもらっても困ることくらい、働いてるお前ならわかるだろ?」


ぐいっと押し付けてくるそれは、昨日俺が一成に押し付けた千円札の残り分。


なんの変哲もないただの小銭なのに、見るだけで俺には後悔しかなかった。




「僕にまで嫉妬してたら身がもたないぞ、飛鳥」

「るさいな」


苦笑してからかってくる一成は、昨日あのあとに起こったことを知らない。



『もう知らない。1人で帰る』


初めて俺は、花帆を怒らせた。




< 179/ 271 >