ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

Breath

2018.3 花見月(はなみづき)

結翔のライブを見に行くために、準備をしていたのになかなか服や髪のセットが上手くいかなくて、結局ライブにも間に合わず見れなかった。

外で待ってたら楓大くんと愁磨くんが先に降りてきた。

ちゃんと挨拶をしてくれて

「あ、結翔くんまだ上に居ます。」

と教えてくれた。

「ありがとう」

と手を振ってしばらくすると結翔が降りてきた。

「ごめんね、ライブ間に合わなかった。」

と結翔の顔を見るなり、言った私に

「いいよ」

と笑って言ってくれた。

< 24/ 215 >