ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

Breath

2018.1

年が明けて、結翔が歌やダンスのレッスンのために上京して来ることが多くなったから、何回か会って、ぶらぶらと街を歩いたり、いろんな話をしたり、ご飯を食べたり、時間なんてあっという間に過ぎてた。

結翔に会うと、いろんな意味でドキドキした。

私の知らない芸能活動の話を聞いてたら刺激にもなるし自分も頑張らないとって思わせてくれる。

< 16/ 215 >