ケータイ小説 野いちご

うさぎ

第七章 幸せのショートケーキ

ジリリリリリリリ。

目覚ましの音が鳴って、私はがばりと跳ね起きる。

いつもならすぐには起きれないんだけど、今日からは特別!

だって、今日から隆之が一緒に登校してくれるから!

急いで顔を洗って、ご飯を食べて、歯磨きして、制服に着替えて、身だしなみを整える。

……メイクは隆之がするなって言うからしないけど。

私は別に隆之に何されたって構わないのに。

ちょっと不服に思いながら玄関を開けると、自転車に乗った隆之がすでに待っていた。

「ごめん、隆之!待った?」

私は慌てて隆之に駆け寄る。

「いや?待ち合わせの五分前」

隆之はそういうと、私の顔をじっと見つめる。

< 139/ 200 >