ケータイ小説 野いちご

うさぎ

第六章 別れ
*side 隆之






――――真於が意識を失ってから、俺は急いで救急車を呼んだ。





その間、俺は真於を失ってしまったら、っていう恐怖から動けずに、ただみていることしかできなかった。




今、真於は病室で静かに眠っている。

俺はそっと真於の頭に手を伸ばし、髪を手ですいた。

医者によると、もう少し出血していたら輸血が必要な状況だったらしい。

切られた右手も、切り傷が深かったら、動かなくなっていたかも知れないそうだ。

傷跡も、もしかしたら残るかもしれないと言われた。

俺は、医者に何があったのか聞かれて、答えることができなかった。

いろんなものがぐちゃぐちゃに混ざりあってしまって、俺だって、何がなんだか分かっていなかった。

真於を守れなかった自分の弱さが、恥ずかしい。

俺は真於の手を握ると、その手に、あの日のようにそっと口づけをする。

< 111/ 200 >