ケータイ小説 野いちご

エリート外科医は甘く強引に溺愛する

過去との決着


目を覚ますと隣に愛しい人の姿があった。あれは夢だったのではないかと思ったけれど、お父さんのトレーナーを着てすやすや眠る修さんは紛れもなく本物だ。

左手の薬指に感じる違和感から、エンゲージリングがしっかり嵌められているのがわかって頬がゆるむ。

そしてすぐそばにいる愛しい人を見つめた。長いまつ毛に精巧な顔立ち。忙しいはずなのにきめ細やかできれいな肌は、私のものよりすべすべそうだ。眠っていてもとてつもないほどの色気が漂っていて、ドキドキさせられる。

あどけない寝顔が少年のようで、かわいらしい。

「ふふっ」

起こさないようにこっそり布団から出て階下へ向かう。お店の中ではすでに両親が忙しくバタバタと動き回っていた。

「おう、柚、早いじゃねーか」

見事な包丁裁きでネギを刻みながら、チラリと私に目を向けてくるお父さん。独特なネギの匂いと、お味噌汁のいい匂いが胃を刺激する。

「なんだか早く目が覚めちゃって。あ、なにか手伝うよ」

「もうすぐ朝飯ができるから座っとけ」

「でも」

「いいから。せっかく修先生もきてくれてるんだ、腕によりをかけないとな」

お父さんは相変わらず嬉しそうだ。

「お母さん、私にできることある?」

「大丈夫よ、座ってなさい」


< 191/ 229 >