ケータイ小説 野いちご

エリート外科医は甘く強引に溺愛する

全力できみを守りたい〜篠宮side〜


遡ること二日前──。

「篠宮先生! おかえりなさい」

職員証をかざしてロックを解除してからドアを開けると、入口からすぐのデスクにいたクラークの杉山さんがパッと明るい笑顔を見せた。

立ち上がりこちらに走り寄ってくる。

きれいに手入れされた爪に、くるくるに巻かれた髪の毛。メイクも派手で香水の匂いがきつく、思わず息が詰まりそうになる。

近寄ってきた彼女と距離を取りながら最奥にあるデスクに向かう。その後を彼女が追ってきた。

「シアトルはどうでしたか?」

「なにか変わったことはあったか?」

彼女の質問に畳み掛けるように返しながら、院内スマホが置いてあるデスクから自分用のものを抜き取る。

そして素早く電源を入れた。

「そりゃたくさんありましたよ〜。篠宮先生がいない間、篠宮先生はいつ帰ってくるんだ? って、色んな人に聞かれちゃって」

「そうか。あ、これお土産」

「わぁ、ありがとうございます! ってこれ、シアトル限定のスイートチョコレートじゃないですか! 人気でなかなか手に入らないのに、さすがです! 一度食べてみたかったんですよね」

そう声を弾ませる杉山さんは甘いものに目がないらしく、仕事中もよくお菓子を口にしている。

「で、なにか変わったことは?」


< 157/ 229 >