ケータイ小説 野いちご

空中庭園(短編)

空中庭園

それは、フワフワと浮いているような感覚で。
ああ、これが死なんだと覚悟に似た諦めを感じた時。



天使のようなその人に出会う。


悲しい瞳をした彼女は幻か、現実か。



< 1/ 13 >