ケータイ小説 野いちご

羽のように舞い上がって

エピローグ


わたしと淳也くんは、前から行く予定だったデパートへ行った。



「じゃあ、わたし、これ買うね」



わたしは敦也くんに、小さなヘアピンを見せて言った。
銀色の花の髪飾り。


ぴかぴかと本物の宝石のように光っていて、大きくもないところが大人っぽいと思ったのだ。



「うん! 真子ちゃんに似合うと思う」



お会計を済ませてから、わたしは淳也くんとデパートを出た。



「あれ、つけないの?」



わたしが髪飾りをつけないことに、敦也くんは聞いた。



「今はいいかなって思って」



「え、俺見たいんだけどな」



わたしは、試しに買ったばかりの髪飾りを自分のボブヘアにつけてみた。
すると彼は、大きく頷いて、



「うん、似合うじゃん!」



と言った。



「そうかな?」



わたしの髪は長くないので、自信がなかったけれど、淳也くんが笑顔で言うので照れて、何も言えなくなった。

< 23/ 26 >