ケータイ小説 野いちご

羽のように舞い上がって

真子side


帰りのホームルームが終わって、わたしは、いつもと変わりなく教室を出た。



「真子(まこ)ー!」



背後から話しかけられて、わたしは足を止めて振り返った。わたしに話しかけてきたのは、木嶋 彩乃(きじま あやの)。


右の頰にえくぼがあって、少し茶色っぽい目をしているところが特徴の女の子だ。


そうして、彩乃は少し大人っぽい顔立ちをしている。
背が低くて肌が白いのか、小学生の時は『うちのクラスの子猫ちゃん』なんて言われていたわたしからすると、羨ましい。


小学生で一緒だった人達も、学校に数人いて、「白い子猫のイメージがあるのは変わってないね」と言われる。


高校生になった今でも、よく子猫みたいと言われる。



「あれ、彩乃。どうしたの? 部活は?」



彩乃は、吹奏楽部に入っていて、今日も部活はあるはずだ。
もうそろそろ、部活に行かないと間に合わないというのに、こんなところで呼び止めて、何があったんだろう。



「今週の土日、なんか予定ある?」



月目のままで、彩乃は聞いてきた。



「ううん、ない」



「じゃあ、日曜日に2人でカフェ行かない?」



それを聞いて、わたしの目も月目になった。



「ああ、いいね! じゃあ、約束だよ!」



「うん、じゃあね!」



わたしは音楽室に行く彩乃の後ろ姿を見送ってから、下駄箱で上履きを脱いで靴箱の中に入れた。

< 1/ 26 >