ケータイ小説 野いちご

なつ星恋愛ものがたり

私の彼氏

彼は今日も仕事終わりにベランダでたばこを吸っている。
私が彼の名前を呼ぶ、彼は振り返って優しい顔でほほえむ。あぁ、私の彼氏は今日もかっこいい。

彼の名前はいっくんこと川澄壱星(かわすみいっせい)。24歳のサラリーマンだ。

関東の有名な大学を出て、仕事が出来る?らしいスーパーサラリーマン、

そんな彼氏を持つ私は、松島なつな、20歳で
3月でめでたく21歳を迎える女子大生。

いっくんにはなつと呼ばれている。

< 1/ 31 >