ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

些細でいい…

そう…些細でいい…君が君の色で輝いて美しい、暖かい涙を心の中でそっと流しながらも、温かい笑みを浮かべて、歌っていてくれるなら…なにも怖いことなんてないのよ…私が欲張らなければ…もっと愛を強められる…高められるの…些細でいい…君が無意識に自由に何気なく放つその言葉が私をどれだけ幸せにさせるのか知りもしないでしょうね…。

< 1/ 1 >