ケータイ小説 野いちご

【短】センパイ、センパイ、センパイ。

センパイ





頬に、透明な雫が落っこちた。




さっきまでの青空は、ネズミにしてやられたのか、どんより暗くなる。

どこまでもくすんだグレー。


照明要らずの天然日光を、容易に蹴散らしてる。




『お兄ちゃんがバンドやるらしいんだ!』



そう友達に強引に連れられた高校の文化祭は、雨天で台無しだ。


私と友達は中学三年生ということもあり、学校見学も兼ねていたのだけれど。




例のバンドがちょうど野外ステージで演奏をし始めたばかりだった。


男子しかいないバンドメンバーの手が、次第に止まっていく。



激しくも繊細だった音色はどんどんか細くなり、やがて雨音のほうが大きく奏でるようになった。

せっかくちょっと聴き惚れていたのにな。



それなりにいた観客は、雨が降ってきたやいなや校舎内に避難していった。


ステージ前にいるのは、私と友達と、ほか数名。数えられる程度だ。



「雨やばいね。あたしたちも早く中入ろ」



楽器を片付けだしたバンドメンバーに、友達も諦めて校舎の方を向く。


楽器は雨に弱い。

そう誰かが言ってたっけ。



「そうだね」



このままここにいたら風邪引いちゃう。


急いで雨宿りしに行く。





「あああっ!!」


――突然。

響いたのは、絶叫。



……いや、歌だ。



< 1/ 27 >