ケータイ小説 野いちご

拾ったワンコが王子を連れて来た

知らない時間


稀一郎さんは大きな溜息をつき、「そういう事か」と言うと、深田恭子さんの事を話してくれた。

彼女については、多少の違いがあるにしても、基本さっちゃんから聞いていた話と同じだった。
だが、驚いた事に桜花崎さんの弟さんと、彼女は結婚する仲では無かったと言う。

「じゃ、婚約してたって言うのは嘘?」

「嘘と言うのも違う。
確かに穣君と彼女は婚約してた事になってる。
結婚に向けての準備も進んでたしな」

結婚する仲じゃないのに、婚約して結婚に向けての準備も進んでた…?
意味わかんない。

驚く私に、桜花崎さんは「俺への嫌がらせだったんだ」と話した。

「桜花崎さんに嫌がらせ?」誰が?

「柊真と彼女は付き合ってた。
正確には、好き合ってた。と言った方が正しいよな?」と桜花崎さんに問いかける様に稀一郎さんは言う。
だが、それに桜花崎さんは何も答えなかった。

え?
どう言う事?
深田恭子さんと桜花崎さんは相思相愛だったのに、桜花崎さんの弟さんが、割り込んだって事?
嫌がらせって…なんで?
お兄さんが好きな人を弟が奪うって…
何があったの?

「柊真達兄弟にも色々あってな…
まぁ、一言で言えば、柊真への愛情表現だったって事」と稀一郎さんは言う。

愛情表現…?
お兄さんの好きな人を奪う事が?

「で、今は…」

「今は、修復されてるよな?」

「さぁな?
穣とは連絡取り合ってないし、彼奴が、今何処で何してるか俺は知らない。
親父とお袋は知ってるみたいだけどな?」

何処で何してるか知らなくて、修復されてるって言うの?
兄弟ってそんなものなの…?
兄弟の居ない私には分かんないけど。

でも…彼女とは…修復出来なかった?

「だから、彼女はスイスへ?」

「彼女がスイスに行く事は、穣君が現れる前から話はあったんだ。
柊真は彼女を一人前のバトラにそだてたかったから」

え?
桜花崎さんの弟さんとの婚約話が、無くなったなら、桜花崎さんと結婚すれば…




< 109/ 143 >