ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

消えゆく夏へ〜俺ができる7つのこと

音を、楽しむ



いつからだろう?

俺がすぐ


夏を思い浮かべるようになったのは


嬉しいことがあると1番に報告したい

悲しいことがあると話を聞いてほしい


ピンチの時には


夏と交わした言葉が浮かんでくる


いつからだろう?

こんなにも夏を


思うようになってのは



< 52/ 181 >