ケータイ小説 野いちご

私は彼氏がキライです!?〜クラスメイトとLOVEバトル〜

落ちる




待ち合わせの時間、既に倉橋は駅に着いていた。



私服姿の倉橋は、ムカツクけどカッコいい。



普通にTシャツとダメージジーンズなんだけど、何か・・・ヤバイ。





「おいっお前何だよ、その格好。」




会ってそうそう睨むように私を見る。




ピンクのきゃわゆいTシャツと、デニムのショート丈サロペット。サンダルで合わせて別にハズしてないよね?



「何よ・・・かわいいじゃん。」



別にあんた相手に気合い入れる必要もないでしょ?




「いっつもそんな格好してんの?」



「何が言いたいわけ?」



「・・・足出しすぎ。」



このセリフ、マンガで読んだ事あるっ!!



他の奴に見せたくないってやつぅ??



かわいいトコあんじゃん!!




「もういいじゃん!それより早く行こうよっ!!」



今日は久々の遊園地でちょっと楽しみなんだから!



晴れて良かった〜!


切符売り場に向かう私の腕を掴んで倉橋は切符を差し出した。




「先、買っといた。」




ふ〜ん。気がきくじゃん。



「ありがと。」




.

< 64/ 488 >