ケータイ小説 野いちご

私は彼氏がキライです!?〜クラスメイトとLOVEバトル〜





学校が近づくに連れて集まる視線。



ヒソヒソ話す声・・・。


倉橋は私を後ろに乗せたまま校門をくぐる。




「ちょっ・・・コナン!?」




声の聞こえた方に目をやると、驚いた顔をしたユミの姿。



私はすがる様な目でユミに助けを求めた。





でも何を勘違いしたのか、満面の笑みで親指を立てている。



違うって!!



「ねぇ倉橋、もうここで降ろしてよ!」



「はぁ?何?」



聞こえているくせに聞き返す。



わき腹を思いっきり抓ってやった。



「いってぇーっ!」


バランスを崩して止まった自転車。



私は勢いよく飛び降りると、そのまま教室までダッシュした。





.

< 21/ 488 >