ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

先輩なんて呼ばせない




「どうしたの? 大丈夫?」


昼休みの練習中。


さっきの言葉が尾を引いて上の空で練習していたら、天音くんに気付かれてしまった。


「うん、大丈夫」


「練習中は集中しないと危ないよ」


「わかった」


そう言ったそばから。


「あっ……」


パスされたボールを指先ではじいてしまい、顔をしかめる。


「ごめんっ、今の強かったよな? 大丈夫?」


慌てて駆け寄ってくる天音くん。


「ううん。私がぼんやりしてたから……うっ……」


実際、他のこと考えてたわけだし。自業自得だ。


それにしても痛いなぁ。


「保健室で湿布もらってこよう」


「わ、私ひとりで行けるから大丈夫だよ。天音くんはみんなと一緒に練習してて」


「俺は葵ちゃんに教えるためにいるんだから気にしないで」


私に教えるため……?  


どういう意味かと思いながらも、気にしないでと言ってくれた彼に甘え、亜子にも伝えてから保健室へ向かった。

< 35/ 68 >