ケータイ小説 野いちご

【完】俺の隣にいてほしい。

*ずっと一緒にいたかった

【side 椿】


ベッドの上に寝転がり、スマホを見つめながら、ボーっと考え事をする。


画面には、心音と海に行った時一緒に撮った写真が写っている。


今までは見るたび頬が緩んでいたはずなのに、今では見るたびに、なんだか切なくなる。


あの文化祭の日からずっと、考えていた。


心音との関係のことだ。


俺はずっと心音のことが好きだったし、きっかけは多少強引だったかもしれないけれど、彼女と毎日一緒にいられて嬉しかった。


心音も最初は俺のことを警戒していたみたいだったけれど、だんだんと気を許してくれるようになったし、今ではすっかり仲良くなれたと思ってたから、俺もいつからか、どこかで期待していた。


もしかしたらこのまま、俺のことを好きになってくれるんじゃないかって。少しくらいは、俺に好意を持ってくれてるんじゃないかって。


だけど、それはただの俺のうぬぼれでしかなくて、実際彼女には好きな奴がいた。


いつからそうだったのかはわからない。




< 225/ 311 >