ケータイ小説 野いちご

【完】俺の隣にいてほしい。

*独占欲ってやつ

【side 椿】


朝、登校していつものように自分の席に着いたら、親友の隆太がさっそく話しかけてきた。


「あのさぁ、椿……」


「ん? どうした?」


しかも隆太の奴、なぜか今日はすごく気まずそうな顔をしてる。


一体どうしたんだ? いつもは無駄にテンション高いくせに。


「非常に言いづらいんだけどさぁ……」


「なんだよ」


「俺、心音ちゃんの浮気現場見ちゃったかもしんない」


「はぁっ!?」


いきなりとんでもないことを言われて、思わずデカい声で叫んでしまった。


おい、ちょっと待て。浮気現場ってなんのことだよ。


しかも心音が? 一体誰とどこで?


動揺する俺に向かって、隆太が続ける。


「あ、いや、浮気って言うのは大げさだけど、昨日の夜さ、ヨータたちとカラオケ行った帰り桜田駅の近くブラブラしてたら、塾帰りの心音ちゃんにバッタリ会って。そんでよく見たら男と二人で一緒に帰ってたんだよね」


「えっ」




< 152/ 311 >