ケータイ小説 野いちご

【完】俺の隣にいてほしい。

*優しい彼との再会

「ふふふ」


部屋の自分のベッドの上でゴロンと横になったまま、手に持ったスマホの画面を見つめニヤニヤする。


画面には、この前椿くんと海に行ったときに撮った、夕焼けの写真。


椿くんはなぜかそれを私とお揃いでメッセージアプリのアイコンに設定してくれたので、アイコンを見るたびに顔がほころんでしまう。


椿くんのことを考えるだけで、胸がドキドキする。
メッセージが来るたび嬉しくなるし、彼と会うのがいつも待ち遠しくてたまらなくて。


恋をするって、こういう感じなんだ。


こんなにわくわくした気持ちになれるなんて思わなかったな。


私が椿くんのスマホを壊したことから始まったこの関係。


最初は彼女のフリなんて正直嫌だなぁと思ってたし、お詫びのために仕方なく引き受けただけだったけれど、今ではできることならずっと続いてほしいなんて思ってる。


今すぐ彼の本物の彼女になりたいだなんて、そんな高望みはしないから。ニセモノの彼女でも構わないから、一緒にいたい。


そしていつか、椿くんも私のことを好きになってくれたらなぁ……なんて。


夢のまた夢かもしれないけど、ね。


椿くんは、私のことをどう思ってるのかな。


ちょっとは特別だと思ってくれてるのかなぁ……。




< 129/ 311 >