ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

溺愛なんだから、許してよ

3,〜それは、きっと変わらない〜

あれは、夏休みのこと。

ずっと、元彼が亡くなって心残りがある中、君は

私に寄り添いプロポーズをしてくれた日。

綺麗な花束に、指輪、私はそれを見た瞬間涙

が溢れてしまった。

もう、こんな日なんて迎えられないだろうと

思っていたからだ。

何度も心が折れても、君だけは離れなかっ

た。

その優しさを、近くで見たきたからきっと涙

が出てきたんだろう。

ここまで、失い続けて、辛いことがあったけ

ど、君は笑っていった。

『誰もいなくならないよ。』

『も……?』

すると、ポケットから亡くなった元彼のペン

ダントが出した。

そこには、私と元彼が一緒に楽しそうに写ってる

写真が入っていた。

『そっかぁ……。私、一人じゃなかったんだ

ね…、ずっと。』

声は聞こえない、姿も見えない、触れること

もできないけど……。


『いつだって、ここにいるよ。』


< 3/ 8 >