ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

三つ子のヤクザと狼娘 巻ノ零

第1話 「闇の世界」
【3】出会い




【奏太side】


俺は再び
欠伸をした。

結局、
俺は家に帰らないまま
外で朝を迎える羽目に
なってしまった。

今日は土曜日で、
学校が休みと言うのがせめてもの救いだ。

ーーと、夕べリリーが
入って行った家のドアが開く。

少し傷を負ったリリーは、
俺には気付かずに
古びた家を出て行った。

数時間前にこの家から
出てきたカップルと、
何かあったのか?

俺はそんなことを思いながら、
リリーの後を追う。

初対面だし、
タイミングさえ掴めれば
まずは挨拶をするべきだな。

早いとこ声をかけて、
リリーについて探りを入れて
連絡先を聞きだして、

そしたら家に帰って寝るか。


< 34/ 36 >