ケータイ小説 野いちご

金髪ヤンキーと、自己嫌悪






そのキラキラな金髪が、鬱陶しかった。




だって、あたしと全然違う。

< 1/ 8 >