ケータイ小説 野いちご

ツンデレ彼女と溺愛彼氏。

メイド喫茶....!?




「はーい!じゃあ今から文化祭の出し物を決めまーす!」




入学式から半年経ったある日の事。



文化祭実行委員会が黒板に『文化祭、出し物』と大きく書いた。



....文化祭、ねぇ。



なんでもいいや....。



そう思ったとき。



「はーい!俺、メイド喫茶がいいと思う!!」



クラスの男子から、そんな案が上がった。




メイド、喫茶....?



『お帰りなさいませ、ご主人様っ』って、やつ....?



「うわー!面白そう!!」


「あたし、一回メイド服って着てみたかったんだー!」



クラスから、続々と賛成の声が上がる。



え、えー....。



< 1/ 71 >