ケータイ小説 野いちご

破滅エンドまっしぐらの悪役令嬢に転生したので、おいしいご飯を作って暮らします

第二幕
🍖ブリーランの絶品ビーフシチュー

大きな街道には旅人や商人が宿泊する為の宿屋や酒場、教会などの家屋が建ち並ぶ宿場町がある。

港町マレーアを出たアーシェリアスは、ザックと共に馬車に揺られ、宿場町の宿屋で世話になりながら街道を南東に進むこと三日。


「見えたぞ。あれが【シュタイル】だ」


ザックが指差す先に見える町を遠目に見て、アーシェリアスは瞳を輝かせた。


「アーシェはシュタイルに行くのは初めてか?」


シュタイルは崖の町と呼ばれ、ファーレン王国の最南端にある。

マレーアとの関係も良好な町だが、アーシェリアスはこくりと頷いた。


「初めてよ。マレーアの外だと王都しか行ったことはないの。だから楽しみで」


夕焼けに染まる景色の中、少しずつ近くなるシュタイルの町に、心を弾ませながら膝に乗るシーゾーをギュッと抱きしめる。


「そういえば、ザックはいつから旅をしてるの?」

「まだそんなに経ってない。だが、旅とは別で、ファーレン国内の主要な町はほとんど行ったことはある」

「ほとんど!? 凄い! 」

「ただ、どこに行ってもおやきはなかったな」


色々な町を訪れる度におやきを探すザックの姿を想像し、アーシェリアスは小さく笑った。


< 56/ 194 >