ケータイ小説 野いちご

破滅エンドまっしぐらの悪役令嬢に転生したので、おいしいご飯を作って暮らします

第一幕
🍪突然の再会とモフモフの奇跡

アーシェリアスは、最悪の結末回避の為に、アルバートとの距離を縮めないように心がけている。

夜会等で許嫁として紹介されることもあり、そういった場合はルーヴ家の者としてアルバートの隣に立った。

だが、それ以外は極力会わないように努めてきた。

しかし、その関心のなさが逆に負けず嫌いなアルバートの心に火をつけてしまう。


『これはお前のために特別に作らせたネックレスだ。気に入ったか? 僕のセンスに間違いはないんだ。当然、気に入っただろう?』


そう言って、アプローチを始めたのはアーシェリアスが十四歳、アルバートが十七歳の時だ。

以降、ちょくちょくとデートに誘われたりもしていたが、どうにかこうにかアルバートの怒りを買わない程度に乗ったり乗らなかったりとうまく調整しつつ好感度を上げすぎないように気をつけ続けた。

そして時は流れアーシェリアスが十六歳になった頃。


『はじめまして、アーシェリアス。私はミア。隣国から引っ越してきたばかりなの。良かったら仲良くしてくれる?』


ついにファレ乙の主人公ミアがマレーアにやってきた。


< 28/ 194 >