ケータイ小説 野いちご

破滅エンドまっしぐらの悪役令嬢に転生したので、おいしいご飯を作って暮らします

第一幕
🍠はじめまして、運命のおやき

少女が目を覚ましたのは明け方だ。

昨夜は少女が大好きな母の葬式だった。

悲しみに暮れ、泣き疲れて眠り、普通ならばどんよりとした気持ちで朝を迎えるはずなのだが。


「……私、莉亜だった……!」


身近な存在の死に触れたせいか、夢の中で前世の記憶を取り戻した少女は、興奮した面持ちで愛らしいふっくらとした頬を両手で覆う。

眠りにつくまでは前世のことなどカケラも思い出したことはなかった。

料理好きの優しい母と、厳しくも愛情溢れる父の元に生まれ、伯爵家の令嬢らしく蝶よ花よと育てられて今年で十歳。

これまで莉亜という名前すら脳裏によぎることもなかったのに、いきなり前世の記憶がすべて入り込んできた。

まだ混乱しているものの、莉亜だった少女は自分が生まれ変わったことを理解する。


(生まれ変わったということは、つまりこの世界はファレ乙の世界!)


記憶がなかった時はまったく意識をしていなかったことが莉亜という存在が覚醒しことにより、全て興奮材料に取って代わる。


< 11/ 194 >