ケータイ小説 野いちご

お宿の看板娘でしたが、王妃様の毒見係はじめます。

王都からの珍客

 イートン伯爵領アイビーヒルの老舗旅館・切り株亭は、今日も食堂目当ての客でにぎわっている。
ロザリーは今まさに食堂担当で、大忙しで動き回っている。白いエプロンがひらひらとはためいて、ふわふわの金髪と相まって彼女の周りだけ重力が軽そうだ。

「ロザリーちゃん、こっち注文」

「はぁい!」

既にロザリーの名は失せもの捜しの令嬢として、街中に知れ渡っている。食堂の客に名指しで呼ばれて慌てて向かう。

「森の恵みのシチューと、石釜パンですね」

「もりもりサラダもつけて」

「はい!」

レイモンドの絶品料理のおかげで、宿に空き室はあっても、食堂は大盛況。従業員は休み間もなく大忙しだ。
そんなお昼のピーク真っただ中に、男性のふたり組が入ってきた。

「失せもの探しのお嬢さんがいるってぇ宿はここかい?」

ロザリーはぱちくりと瞬きをして、レイモンドに視線を投げる。

「合ってるよ。合ってるけど、今忙しいんだ。失せもの捜しをしている暇はない。お客さん、悪いけど、ちょっと座って待っていてくれないか」

レイモンドが答えている間も、ロザリーは客の間を行ったり来たりだ。
ふたり組の男たちは顔を見合わせ、「そうだな。じゃあ昼飯でもいただこうか」と席に着く。

どちらも二十代と思しき青年だ。ひとりはおでこが見えるほどの短い茶髪で、もうひとりが金髪のサラサラ髪を結っている。旅姿ではあるが、しっかりした体格から、それなりに鍛えた人物であることはうかがえる。

< 5/ 249 >