ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

家出令嬢ですが、王妃様の毒見係はじめます。

プロローグ~とある未亡人のモノローグ~


モーリア国は広大な領地をもつ大国だ。しかしながら、大きすぎる国を管理するのは並大抵のことではない。
オードリーがそんなことを感じるようになったのは、市場で売られる野菜や果物の品質が値段の割に悪いことに気づいてからである。

オードリー・オルコットは三十一歳。
王都の最高学府ポルテスト学術院で教鞭ととっていた夫を四年前に亡くし、現在、夫の両親と娘のクリスとともに暮らしている。
夫の父親は子爵位を持っている資産家で、夫を亡くして以後も、オードリーは金銭面で困ることはないままクリスを育ててきた。

夫との間にあったのは、愛というよりは尊敬という側面が強かったが、娘のことはかわいい。
オードリーはクリスを育てることだけを希望として、この先の人生を暮らしていくつもりだったのだ。

しかし、先月、アイビーヒルに里帰りしたときに、幼馴染であるレイモンド・ネルソンと心を通わせあった。
クリスも懐いているし、彼とならば夫とは育めなかった愛を一緒に育てられるかもしれないと思った。

だが、実際に結婚となれば問題はいろいろと出てくる。
レイモンドはアイビーヒルで【切り株亭】という宿屋を経営している。彼の作る食堂の料理が人気で、食堂だけで見れば大きな利益を上げているが、老舗ゆえの整備費やもろもろがかかり、生活はぎりぎりだ。
それでもオードリーは彼について行こうと思っているが、金銭的に何不自由ない今の生活よりも、生活の質は落とさざるを得ない。
その点で、夫の両親は反対しているのだ。

< 1/ 98 >